www.modernwarfail2.com

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2というゲームがあります。
「コール オブ デューティシリーズ」(つまりファーストパーソン・シューティングゲーム、「CoD4:MW」の物語、品格、世界の表示)の第6作目(シリーズのために、第9のアイテムとなってください)に代わった「モダン・ウォーフェア・シリーズ」を見る2つの仕事目で、それはあります。
日本から最近のプロセスまでに直列名前を引いた「現代の戦争フェア2」(現代のWarfare 2、略称MW2)としばしば呼ばれています。
発展の起源が「CoD1「・」CoD2「・」CoD4:MW」を開発した無限区。
それは2009年11月10日に世界中でそれをリリースしました。
そして、進行中の(12月23日にPC版のためにあって)日本で、スーパーと音がスクエア・エニックスから日本化された日本語版は販売代理店のアクティビジョンによって2009年12月10日にリリースされました。
新年発表「Call of Duty 6」の農場のこの最初の研究の時点の名前。
その後、「現代の戦争2」「任務の呼び出し:」iは、現代の戦争2の名前を使用します。
Modern Warfare 2として書かれて、コレクター版の「現代のWarfare 2」として書かれる発表された一般のパッケージでそれは、DutyのCallです:」。
「当直の4つの現代の戦争フェアの呼び出し」の結果に関しての理由に関しての「現代の戦争フェア2」のコミュニティのマネージャーであるロバート・ボウリングに一致することはそうであります。
それはです。
パッケージが新しく「Call of Duty」を増やしたとき アクティビジョンは、「任務シリーズの呼び出し」に「ゲームがリードすることを示しました」。
日本用のリリースの担当のエニックスが名前を使用する正方形は、「義務現代の戦争フェア2の電話します」。
それは当直のシリーズのみのCERO17時代の目標作業呼び出しであるか、より古いです(2012で)。